1. HOME
  2. ブログ
  3. シミの対処方法
  4. 着物にみそ汁をこぼした!シミ抜きできる?5つの疑問を解説

ブログ

BLOG カテゴリー

シミの対処方法

着物にみそ汁をこぼした!シミ抜きできる?5つの疑問を解説

お味噌汁は、和食のお食事では欠かせないメニューのひとつ。でもこの味噌汁を着物にこぼしてしまうと、ちょっと厄介なシミになってしまうんです。

「着物の味噌汁のシミを取らなくては」と焦って応急処置をした結果、かえって汚れを広げてしまうことも。また味噌汁のシミが付いた着物をどこにクリーニングに出せば良いのかわからず、困ってしまう人も多いようです。

坂根克之
坂根克之
こんにちは。着物関係一筋50年 京都きものサロン創夢(そうむ) 坂根克之です。ここでは着物に味噌汁の汚れが付いた時にどのように対処をしたら良いのか、よくある5つの疑問にお答えする形で解説していきます。

着物にみそ汁のシミが付いた時の応急処置は?

着物に付いた味噌汁のシミには、乾いたタオルやティッシュペーパー等で優しく水分を吸い取るだけにしましょう。シミが2センチ以下で、なおかつご自宅で水洗いができる着物ならば、応急処置に固く絞った濡れタオルを使ってもOKです。

おしぼりやウェットティッシュは香料・洗浄剤・アルコール等を含んでいるので、応急処置に使うのはやめましょう。

正絹や高級着物には要注意

正絹(シルク)や天然の染料を使った着物は、そもそも水濡れに弱いです。味噌汁の水分を吸い込んだだけで、その部分が縮んでしまったり、色落ちしやすい状態になっていることもあります。

さらに味噌汁は温かいので、繊維や糸は「熱」によるダメージも受けています。ここでさらに応急処置をしようと水で濡らしたり、ゴシゴシと強く拭いたりすると、被害が余計に広がってしまいます。

  • 留袖
  • 振袖
  • 訪問着
  • 色無地

上のようなフォーマル向けの着物は、そのほとんどが正絹(シルク)でできています。また素材が不明な場合、洗濯表示がわからない場合等も、「水洗いができない着物」として考えた方が良いです。

着物の味噌汁のシミ抜きは自分でできる?

水洗いができる着物は、ご自宅でお手入れができます。自宅で水洗いができない着物は、残念ながら味噌汁のシミ抜きはご家庭ではできません。

洗える着物は中性洗剤でお手入れ

ポリエステル着物やウォッシャブル加工されている着物の場合、味噌汁の汚れが付いて間もなければご自宅でシミ抜きが可能です。

シミ抜きの方法

  1. 洗面器やバスタブ等に水をはって、オシャレ着用の液体洗剤を適量入れ、よく溶かします。
  2. 着物を畳んで全体を洗浄液に漬け、両手でそっと押し洗いします。
  3. シミの付いた部分に少量の洗剤の原液をつけて、優しく洗います。強くこすらないようにしましょう。
  4. 汚れが取れたら、水を取り替えて2回すすぎを行います。
  5. 畳んだ状態で洗濯ネットに入れて、洗濯機で30秒~40秒程度脱水します。
  6. 着物を和装専用のハンガーにかけて、自然乾燥させます。直射日光があたらない、風通しの良い場所を選びましょう。
  7. 最後にアイロンで形を整えます。

※乾いてしまった味噌汁のシミや、古いシミ、変色したシミ等はご自宅ではお手入れができません。専門店に相談をしましょう。
※刺繍やレース等の特殊加工がある場合、ポリエステル着物でもご自宅で水洗いができない場合があります。洗濯表示をよくご確認ください。

味噌汁のシミはベンジンでは落ちない

ご家庭での着物のシミ抜きで使うものには「ベンジン」がありますね。揮発性が高く着物が早く乾くので、正絹の着物等のご自宅でのお手入れ用に持っているという人も多いことでしょう。

しかし石油系の溶剤でベンジンが落とせるのは、油溶性のシミだけです。

【ベンジンが得意なシミ(油溶性)】

  • ファンデーション汚れ
  • メイク汚れ
  • 軽い皮脂汚れ 等

【ベンジンでは落とせないシミ(水溶性)】

  • 味噌汁
  • 飲み物の汚れ
  • 汗の汚れ 等

味噌汁の汚れは水溶性なので、汚れを落とすには水が必要であり、ベンジンだけでは汚れを落としきることができません。その他のアルコール類も同様です。

そのため、正絹等の水洗いできない着物については、味噌汁のシミをご自宅ではシミ抜きできないということになります。専門店でシミ抜き等のお手入れを相談しましょう。

味噌汁で汚した着物、近所のクリーニングで断られた

洋服向けの一般的なクリーニング店等だと、着物の味噌汁のシミは断られてしまう可能性があります。着物を専門に扱う店、職人がいる店に相談しましょう。

着物丸洗いでは味噌汁のシミが落ちない

一般的な着物クリーニングでは「着物丸洗い」が選ばれることが多いですが、この方法だけでは味噌汁のシミを落とすことはできません。

「丸洗い」とは着物をほどかずに、有機溶剤を使ってドライクリーニング(専用のドラム式洗濯機を使った機械洗浄)をする方法です。有機溶剤は石油系なので、皮脂汚れ等の油溶性の汚れは落とせます。しかし上で解説した「ベンジン」と同じで、水性の汚れを落とすのは苦手です。

着物に付いた味噌汁シミ等の水性の汚れを落とすには、特殊なソープを使ったシミ抜きや、その他の手作業によるシミ取り作業が必要になります。

しかし洋服向けのお店等だと、そこまでの対処ができないケースも多いです。店頭で適切な判断ができない場合もあります。味噌汁のシミの場合、「着物に強いお店」に頼ることが大切です。

味噌汁で広範囲を汚しました。シミ抜きで落ちる?

味噌汁の汚れの範囲や汚した場所によっては、シミ抜きだけでは汚れが取れず「洗い張り」が必要になることがあります。

味噌汁は繊維や糸に染み込みやすい

熱い味噌汁のお椀をひっくり返してしまった……グッショリと濡れるほどのケースだと、着物が大量に水分と熱を吸い込んでしまっている状態です。ダメージを受けて縮んだ絹等の繊維が、汚れを取るだけでは元に戻らないことがあります。

また縫い目をまたいでシミが広がっている場合、味噌汁の汚れは@縫い糸」にまで染み込んでいます。この汚れも後々にカビの温床になりやすいので、対処しなくてはなりません。このような時には「洗い張り」が選ばれることもあります。

洗い張りとは?

「洗い張り」とは、着物をほどいて一度反物の状態に戻し、水洗いをする伝統的な洗浄の方法です。着物の汚れの程度が重い時等に使われます。

現在では着物の洗い張りができる職人の数も減りました。一般的なクリーニング店では、洗い張りを提案できるお店はあまり無いことでしょう。

しかし悉皆屋(しっかいや:着物のクリーニングやリペア等を総合的に扱う専門業)や。キチンとした職人がいる着物専門のクリーニング店等であれば、洗い張りのご提案も可能です。

味噌汁汚れが目立たない。シミ抜きしなくて平気?

後から変色ジミ・カビの元になる可能性が高いです。シミ抜き・部分洗いだけでも早めにしておくことをおすすめします。

栄養価が高い味噌汁はカビの元

味噌汁は出汁に豊富な栄養がある上に、味噌という発酵食品も使っています。そのため栄養価が高く、雑菌やカビの餌になりやすいです。

「見た目に目立たないから」と着物の味噌汁のシミを放置すると、1年・2年と時間が経ってからカビによるシミができたり、黄変ジミという変色ジミになって現れてきます。

カビのシミ、黄変ジミができると、専門店でも対処が難しくなってしまうことも。その分だけ、着物を元に戻すための料金も高額になってしまいます。軽く済むうちに、早めにプロに任せた方が安心です。

おわりに

着物についた味噌汁のシミは、レンタル着物店でもワインのシミとともに「無料保障の対象外」とされていることも多いです。味噌汁のシミはワインと同じくらい厄介な汚れというわけですね。

でもスピーディに専門家に任せれば、大きな味噌汁のシミもキレイに取ることができます!味噌汁のシミが定着してしまう前に、早めにお店に相談しましょう。

他店で断られたシミ承ります!

関連記事